車の査定はどこで受けるべき?

愛車を売却するにあたり、車の査定をディーラーと買取専門店のどちらに任せようか迷いました。
いろいろと検討した結果、専門の買取業者に任せることに決めました。
下取りでの査定は85万円だったのですが、買取業者では102万円という金額を提示してくれました。
ディーラーとは付き合いが長いので、10万円程度までならば高くてもディーラーに売却しようと考えていましたが、さすがに17万円の差は大きなものでした。
下取りの場合は、あくまでディーラーの需要・供給を基準として売却しているようです。
回転率がそれほど高くはならないので、顧客から買取しても、売り手がつくまでに時間がかかるそうです。
その間にも車の整備・メンテナンス・洗車は必要ですから、こうした手間を考えると安くなるのは仕方がないようです。
専門の買取業者の場合は、とにかく回転率が早いですので、ユーザーから買取してからすぐに買い手がつくそうです。
安定した利益が見込めるので、高く買い取ることができるそうです。
私が最終的に車の査定をした業者では、102万円を提示してくれました。
しかし、80万円という安値を提示してきた買取業者もあったので、すべての業者が下取りよりも高値をつけてくれるとは限らないようです。
業者によって需要は異なるのが現状ですから、自分が売りたい車に対して、買取強化している業者を選んだほうがよいでしょう。
業者選びを誤るだけで、20~30万円はカンタンに損をしてしまうので。