車を売る前にキレイにしよう

車の査定を受ける前には、キレイにしておくのがマナーというものです。
自分で落とせない汚れに手をかける必要はありませんが、通常の洗車やワックスがけで対処できるものは、手をかけておいたほうがいいでしょう。
私が車を売却する前には、洗車場で水をかけてさっと汚れを落としてから、ワックスがけで細かなキズを消していきました。
これだけで光沢が戻りますし、査定士からみた印象もよくなるというものです。
ちなみに、「汚くしておけばキズが見つからないだろう」という考えは通用しません。
「見えない=キズがあるかもしれない」と考えますので、隠すことで逆効果になってしまうのです。
査定士側としても、「キズがあるから洗車しないのではないか?」と判断してしまうかもしれません。
ただ、自分の手に負える対処に留めておき、自分で対処できないものは放置したほうがいいでしょう。
かなり昔、車検切れが迫っていたので、15万円で車検を通しましたが、評価額は13万円にしかなりませんでした。
マイナーな車で走行距離も多かったため、査定額が低くなるのは想定していましたが、車検費用にもならないのですから、完全に赤字でしょう。
これでは、損をするために車を手放したようなものです。
車の査定では、車検を通さないのが基本であり、修理に関してもこれは言えます。
パンクを放置しておくのはいけませんが、キズ・凹みなどは自分で対応できない状態のものは放置しておいたほうがいいのです。